このプロジェクトは、タジキスタンの首都空港であるドゥシャンベ国際空港において、航空保安機材の近代化及び貨物取扱施設の整備を行うもので、弊社は自動着陸装置(ILS)、滑走路誘導灯、地上支援機材(GSE: Ground Support Equipment)、フォークリフト、ULDラック、X線検知機、ピットスケールなどの納入、設置、トレーニングまでの一貫した業務を請け負いました。

タジキスタン国ドゥシャンベ国際空港整備計画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です